banner

不動産について

周辺地域の情報は実際に歩いたりして調べる

banner 新たに住むところを探すとき、まずは不動産業者の情報を利用します。
すると、駅から近い物件や、学校から近い物件などを見つけてくれます。
後は業者の車で現地に行き、実際の物件の様子を見ます。
この時に満足のいく物件ならそこで決めてよいかです。
確かに住む物件の良しあしは物件を見ればわかります。
しかし、環境の情報はわかりません。
必ずしたいこととして、周辺地域の情報をしっかり得ておくことでしょう。
通期をするのに駅を使うのであれば、実際に通勤路を歩いてみましょう。
時間であったり、信号、踏切や交差点などの状況を調べます。
踏切があればかなり足止めされる可能性があります。
これらの情報は不動産業者の方で持っていない可能性があります。
子供がいるときに、小学校などに通学させることがあります。
親としては、通学路がどうなっているかなどのチェックをしておきたいでしょう。
暗い道はないか、危険な道はないかなどを調べて、安心できるところかどうかを確認しておきます。

none

banner

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.