不動産について

立地でチェックしたいハザードマップ

地震が発生した後、津波情報が必ずあります。
津波の危険はない、何分ぐらいでどれくらいの津波が来る等の情報が得られます。
映画などの津波のイメージだと、高い波が押し寄せてくるように感じますが、実際はある時点で急に大量の海水がやってきます。
そのために、海の周辺だけでなく、海につながっている川などを逆流して、どんどん被害が広がるとされています。
各地域においては、ハザードマップと呼ばれる地図を用意しています。
地震が来た時の津波でどれぐらい被害が広がるのか、水害などが起きた時、どの地域に浸水する可能性があるのかがわかります。
平地に見えても、それぞれの土地には高さがあります。
水などは高いところから低いところに行くので、低ければその分浸水する可能性が出てきます。
これから購入する物件においても、ハザードマップ上どうなっているかをチェックしておきましょう。
ハザードマップは一定期間ごとに更新されるので、新しいものでチェックした方がいいでしょう。

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.